So-net無料ブログ作成

SS 1210 謝るしかありません [携帯放送1919チャンネル]

まっすぐ歩けば、いいだろうに! わざと、やったんだろう! 謝るしかありません。 前方には誰もいない、すれ違う人もなく、見通しの良い歩道。 いきなり、思いっ切りガニ股で、横っ跳びに出る行為は、自転車めがけ、体当たりをして来た、としか思えないはずで、怒鳴らない人は皆無でしょう。 「ハブが出たので、ハブジャンプをしたのですが・・」と説明しても分かってもらえません。 よく見ると、ハブではなく、ネクタイが落ちており、それがハブに見えたのです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

SS 1209 怒鳴られる [携帯放送1919チャンネル]

これは、子供の時から、親に教えられなくても、自然に出てくる行為。 それが出来なければ、猛毒を持ったハブに、間違いなく噛まれていた事でしょう。 上京して間もない頃、歩道を横断中、なにげなしに足元を見た瞬間、ハブが現れ、思わずガニ股、ハブジャンプ!。 自転車で横を通り過ぎようとした、おじさんと、もろにぶつかり、怒鳴られました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

SS 1208 画 [携帯放送1919チャンネル]

2018-01-01T17:02:44.jpgガニ股。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

SS 1207 ガニ股 [携帯放送1919チャンネル]

ハブに噛まれた人を数多く見、ひかるも噛まれる直前の危険な目に何度か遭い、毒の猛威は、嫌という程知り尽くしていました。 噛み所によっては、命に関わります。 昔からの知恵で、島の道には、真っ白い砂を敷きつめてあり、美観の問題は勿論、夜道を歩く時、ハブが発見可能なように出来ています。 石垣の合間から、ハブが出てきた瞬間、本能的に、ガニ股で飛び退きます。 いわゆる、究極の「ハブジャンプ」です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

SS 1206 脱皮 [携帯放送1919チャンネル]

ひかるが子供の頃、島の収入源は、サトウキビ生産で、サトウキビは、ネズミの格好の餌。 ネズミが繁殖し、その天敵として、猛毒を持ったハブが、大繁殖していました。 ハブは、脱皮をするので、皮を見ると、どれくらいの大きさか、ハブの棲家が、どの近辺かは、子供同士の情報交換で察知出来ます。 しかしハブは、かなりの行動範囲を持っているので、常に心の準備が必要でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

SS 1205 好奇心 [携帯放送1919チャンネル]

不思議に思い聞くと、風で感じるとの返事。 魚の臭いがする訳でもなく、どうしてだろう? 再度尋ねると、海から吹いて来る風の温度で、北上する黒潮の水温を体感。 近海を、どの魚種が回遊して行くのか、当てるとの事である。 また、ある虫が発生すると、ある魚種が近海に集まっている、と言う虫との間違いない関連もあります。 小さな島、周りの海から吹いて来る風、虫などの情報は、生きて行く大事な知恵でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

SS 1204 ほろ酔いチドリ泳ぎ [携帯放送1919チャンネル]

興味は、海へも向けられます。 魚のヒレに切れ目を入れた場合、まともに泳げるか実験。 必死に、尾ビレで舵を取るにも、ほろ酔いチドリ泳ぎ。 残酷な事をしてしまった、と後悔させられました。 ある時、父が空を見上げ、急に、今日は、ハトッシ(方言魚名)が、大量に捕れる日だと、漁へ出かけ、間違いなく、言った通りの魚種を捕って来るのを目撃。 陸に居ながら、何んで海中の魚の事が分かるのだろうか?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

SS 1203 ペア性器 [携帯放送1919チャンネル]

また、ハブの性器は、メスには二つ、オスには四つあります。 数が合わないので、疑問に思いますが、オスの性器は、ペアになっており、しかもイボイボ状。 ペアでメスの性器へ挿入し、交尾。 蛇体は絞め縄の如く、もつれ喰い込み、飲まず食わず、執念深くエキスをむさぼりあう。 その姿はすさまじく、犬や牛馬の交尾とは比較にならず、ゾクゾクとさせられます。 しかし、ハブは害のみにあらず。 初夢にハブを見ると、大金が転がり込む、金運の女神、とも言われています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

SS 1202 岩穴と台風 [携帯放送1919チャンネル]

小鳥達は、危険が迫った時、岩穴で台風が過ぎ去るのを、じっと待っているのです。 彼らは、どうしたら尊い命を守れるか、心得ていたのです。 我々も、小鳥の生き方に見習うべきではないだろうか。 時代のうねりや大きな組織力で、一人で立ち向かっては、どうしようもない事が、しばしば身に振り掛かります。 何も一人で立ち向かい、尊い命を落とす必要はなく、厳しい嵐が自分に振り掛かった時、岩穴でじっと時を待ち、思案する事も必要。 嵐が通り過ぎた時、思いっ切り行動に出ましょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

SS 1201 臆病な生き物 [携帯放送1919チャンネル]

一度、人間が巣を見つけ、近づいた気配が感じられると、警戒し、二度と巣には戻りません。 多分、人間の匂いを感じるのでしょう。 我が子より、我が命を大事にする、臆病な生き物。 普段は、楽しく飛び回っているスズメやひばり達、台風の時どうするのだろうか。 台風を避け、遠くへ逃げるはずは無い。台風を避け、数十キロ先の島へ逃げ、翌日その島へ舞い戻って来る事は、とうてい考えられません。 それが証拠に、台風が過ぎ去った翌日には、元気よく飛び回っているのです。 その疑問は解けました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

SS 1200 間抜け [携帯放送1919チャンネル]

間抜けな鳥もいます。 ニワトリを野生化させた場合、卵を産む度に、必ず喜びの大声を「コケコッコー コケコッコー」と上げます。 カラスはその大声で、卵が生まれた事と、巣の場所を確認、労せずして、栄養満点な卵を頂戴。 ニワトリの馬鹿さ加減は、見て居られません。 他にも無責任な鳥がいます。 野生のハトは、人間に見つからないよう、細心の注意をし、場所を考え巣を作ります。 野生のハトの巣を見つけるのは、容易ではありません。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

SS 1199 似た者同士 [携帯放送1919チャンネル]

また、大空を飛び交う、ひばりを観察すると、巣へ入る時、直接巣には入りません。 わざと別な場所へ降り、茅の根を這って近づき、巣に入ります。 直接巣に入ると、カラスに巣の場所を狙われ、卵や雛を食べられる為、知恵を使っているのです。 しかし、巣から出る時は、直接飛び立ちます。 頭隠して、尻隠さず、の格言通り。 やる方もやる方、気付かない方も気付かない方。 どちらも、似たもの同士。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

SS 1198 野良猫 [携帯放送1919チャンネル]

子供の好奇心、色々な事に、疑問を感じます。 ひかるは、野生のハトを生け捕り、飛べないよう羽先を切り、ニワトリ同様、飼い慣らそう、と実験。 難なく飼い猫に食べられてしまい、小さなウズラですら、野良猫に襲われても逃げ切れるのに、何んでいとも簡単に食べられるのだろうか、と考えさせられました。 やはり、空を飛ぶ鳥は空で生き、たとえ小さなウズラでも、地上で生きる代々の知恵が備わっているのだなぁと感心。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

SS 1197 三十本の矢 [携帯放送1919チャンネル]

色々な問題があったとしても急ぐべきか、直接自分が実行すべきか、部下に振り分け、実行させて大丈夫かどうか、即座に判断し、指示して行けば問題にはなりません。 大事な事は、三十本の矢を描き、時差処理をして行く。 このような事は、決してコンピューターには出来ず、そこが知恵を使う人間の、偉大な要素ではないだろうか。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

SS 1196 同時進行 [携帯放送1919チャンネル]

だいたいが十五から、二十班に分かれ、国内外取材、翌日以降の予定や下見、打ち合わせや段取り等、同時進行。 他にも兼務が多く、電話は鳴りっぱなし、客は順番を待っている状況。 目の回る忙しさでした。 これ程多くの問題をどう整理し、同時処理しているのか、コツを教えて欲しいと言われましたが、問題処理に、前記した通り、知恵を使っていた事が分からなかったようです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog