So-net無料ブログ作成
検索選択

SS 1023 別れの杯 [携帯放送1919チャンネル]

空路が開かれた今では想像出来ませんが、当時、上京するには、黒島から朝一便の船で石垣島まで行き、夕方、石垣を出港し、翌日の昼頃那覇港着、夕方那覇港を出、東京の晴海埠頭まで、3泊4日、便数も週2便しかなく更にパスポート持参での上京。 もし、危篤の知らせがあったとしても、帰郷するには最低一週間は必要。 ニキビだらけのあどけない顔の少年ながら、決して死に水は取れないだろうと、覚悟しました。 両親を前に、生き別れの杯を交わさせてくれと頼み、別れの杯を交わしての旅立ちとなりました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント